仙台駅のおみやげ処せんだいの ずんだ茶寮で「ずんだロール」はずんだの風味をもっと感じたかった!

仙台駅のグルメ・物品
dav
スポンサーリンク

仙台駅2階の一角には仙台のおみやげ品が集中して販売しているエリアがあります。

そちらで販売されていたずんだ茶寮のずんだロールを食べてみました。

f:id:rasinban2:20180726224514p:plain

店舗

f:id:rasinban2:20180726224317p:plain

ずんだロールの金額

ずんだロールを購入して付いてきた手提げ袋

f:id:rasinban2:20180726225037j:plain

ずんだロールのパッケージ

f:id:rasinban2:20180726225111j:plain

ずんだロールは持ち帰りに掛かる時間によって有料の保冷バックを購入することが出来ます。
私の時は1つ108円掛かりました。

ずんだロール 1188円

f:id:rasinban2:20180726225336j:plain

商品に入っていた、ずんだロールについてのメモ

f:id:rasinban2:20180726230912j:plain

今回紹介するずんだ茶寮ですが、菓匠三全の複数ある店舗名の一つです。

菓匠三全は「萩の月」で有名ですが、仙台銘菓「伊達絵巻」なども販売している会社です。

興味のある方はこちらからサイトにどうぞ。

商品のご紹介|歴史と味の菓匠三全

ずんだロールのレビュー

f:id:rasinban2:20180726225440j:plain

断面図

f:id:rasinban2:20180726225506j:plain

前から気になっていたずんだロール。

他のお客さんが買い求めてるのを見て、私もとうとう買ってしまった!

ずんだロールの横や断面図を見るとずんだが贅沢に使用されているのが分かります。

香りの方ですが、スポンジの甘い香りの中に仄かにずんだの香りが混じっていました。

食べてみるとスポンジは程よい甘さ、ずんだはずんだ茶寮の紹介の通り
「ずんだ生クリーム」になっていました。

上記の写真を見れば分かりますが、ずんだロールの説明文に

「厳選された枝豆ずんだをたっぷりと使用した特製ずんだ生クリーム。
緑の大地から、風味豊かな豆の味を存分にお楽しみください。」

とあります。

個人的にはずんだを完全にペースト状にしているのは構いませんが、
生クリームと合わせたことはダメだったと思う。

それは生クリームの甘さがずんだの独特の風味を抑え込んでしまっているように感じたから。

これにより、ロールケーキとしては美味しいが「ずんだ」のロールケーキとして食べた場合、
もっとずんだの味を前面に出して勝負して欲しかった。

ずんだ生クリームを単体で食べると生クリームの甘さが目立ちます。
時折ずんだの風味を感じることが出来ますが、神経を集中した状態なので
普通に口にした時にずんだのインパクトがもっと欲しかった。

いつかは同店で購入できる、ずんだ白雪チーズケーキを食べてみたい。

ずんだ茶寮様、ごちそうさまでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました