仙台駅、伊達の牛たん本舗DMの「やわらか牛たんジャーキー」(一味あじ)は味が濃くてツマミにおすすめの一品!

仙台駅のグルメ・物品

今回の記事では伊達の牛たん本舗DMの「やわらか牛たんジャーキー」
(一味あじ)の金額と原材料名、商品のレビューを知ることが出来ます。

スポンサーリンク

購入した店舗

購入した店舗は仙台駅2階にあるNew Daysです。
今まで紹介したnewdaysの向かいにあります。
(個人的には看板周りの和のデザインが好きです)

牛たんジャーキーの一味あじの金額と原材料名

やわらか牛たんジャーキーの一味あじ 容量23ℊ 308円

原材料名

牛たん、糖類(粉末水あめ、砂糖、水あめ、ぶどう糖)、
しょうゆ、酵母エキス、脱脂大豆粉末、発酵調味料、食塩、
脱脂粉乳、香辛料、たん白加水分解物/調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(ビタミンC)、発色剤(亜硝酸Na)、
香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆を含む)

23gで物足りない方は容量が多い商品も置いてあったので
そちらを購入するのも良いかも。

やわらか牛たんジャーキーの一味あじのレビュー

袋から出すと香りがする。

だが、ここで重大なことに気付く!!

牛たんを少なくとも1年は食べてないせいで、肉の香りなのは確かだが、これが牛たんの香り
だったのか分からない・・・・・。

ヤバい、先に牛たん専門店で食べてこなかった弊害が出た・・・・・。


だが、今の私にとっての牛たんはこれなんや!

考えるに今回の香りの主な正体は原材料にある牛たんと香辛料が強い。

そして今回のはジャーキーだ。

牛たんを乾燥したことによって少々香りに変化が出たのかもしれない。

食べてみる。

ジャーキーなので、噛み応えがある。

そして一味あじに嘘はない!

噛むごとに一味と牛タンの味が口の中に広がる。

私はお酒は飲まないが、ツマミには向いてるように思います。
食べた時にはお腹がある程度満たされていたので、1回では食べきれませんでした。

味自体も濃いので、一人で食べるなら23gでも十分かもしれません。

伊達の牛たん本舗DM様、ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

牛たん他商品

仙台駅、陣中の「具の9割牛タンの仙台ラー油」は甘辛く濃い味だった。

仙台駅、陣中の「牛タン仙台そぼろ」が 食べやすかった。

仙台駅、青葉亭の「仙台牛たんカレーせんべい」は牛たんよりカレーの主張が強い!でも、美味しい!

仙台駅、だじゃれのパッケージが目を惹くカルビーの「じゃがりこ東北土産牛たん味」

仙台駅、たんや善次郎「牛たんカレー甘口」は牛たんがゴロゴロ入ってた!

仙台駅、中嘉屋食堂麺飯甜の「厚切り牛たんラーメン」は牛たん薄くね?!厚切りは
記憶違いだったか?


仙台駅、カネタ・ツーワンの「仙台発祥牛たんジャーキー炭火焼」は牛たんのエキスと
七味などの香辛料が効いてて美味しかった!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました