仙台駅、蔵王酪農センターの「MOLK(モルク)」はホエイの甘さとクリームチーズの酸味が良くて美味しかった!

仙台駅のグルメ・物品

数量限定に惹かれて購入しましたが、公式オンラインショップや
楽天でも購入することが出来る、「MOLK(モルク)」。

この記事ではモルクを購入した店舗とオンラインショップの紹介。


ミルクのようにポピュラーになることを目指す

モルクのレビューを紹介しています。

スポンサーリンク

購入した店舗

今回は仙台駅1階にある食材王国みやぎで数量限定で販売されていた
「MOLK(モルク)」が気になり購入してきました。

営業時間 9:00~21:00
食材王国みやぎ/まちくる仙台引用

MOLK(モルク)のレビュー


MOLK(モルク)720ml 432円 
200mlもあります。200mlは税込み162円

原材料

チーズホエイ(宮城県産)、乳製品(クリーム、ナチュラルチーズ)、
砂糖/香料

賞味期限 製造から10日

MOLKのパッケージを見ると「40年変わらぬおいしさ」とある。
宮城に生まれ育って30余年経つが知らなかった!
物事に対して興味がないから忘れてるだけかもしれないが、全然記憶にない!

パッケージにはMOLKの名前の由来も記載されている。

蔵王ホエイ・MOLKは、チーズの製造過程で抽出するホエイ(乳清)を利用した乳飲料です。
ホエイはドイツ語でMOLKE(モルケ)。
日本のご家庭でもホエイがMILK(ミルク)のようにポピュラーなものとなるように
MOLK(モルク)と名付けました。


ミルクのようにポピュラーになるのを目指すモルクをコップに注いで早速頂きます。

注いだ先からホエイの甘い香りがその場に広がります。
どこかで嗅いだことのある香りですが、思い出せない。
小さな頃に蔵王に親に連れて行ってもらったことがあるので、その時か?

飲んでみるとホエイの甘い香りがそのまま味としても楽しむことが出来ます。
ホエイの甘さは乳糖から来ていて、その甘さとクリームチーズの酸味がさっぱりとした印象を与える。口当たりやのど越しも良くて美味しい。

パッケージにはミルクのようにポピュラーなものになってほしい、とのことだが、
普段から牛乳を食事中やそれ以外でも飲んでる身としてはMOLKはさっぱりとした味わいだが、
甘さがあるので食事と一緒に摂るよりも水分補給として飲むのはありかな。
それに栄養価が高いらしいのでそこも魅力的。

店頭では数量限定だったが、公式サイトでも購入することが出来ます。
楽天でも販売していますが、公式サイトでは2021年3月31日まで
お買い得キャンペーンで3本セット1,000円(税込)なので公式サイトを勧めます。


蔵王酪農センター様、ご馳走様でした。

蔵王チーズ公式オンラインショップ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました