村上和雄さんの本「生命の暗号」で印象に残った所を抜き出してみた。

印象に残った本

 印象に残った言葉

「思い切り」と「思い込み」の共生が必要である。

思い切りとは従来の方法とか習慣を大胆に破っていくこと。

思い込みは初志貫徹の心意気である。

生命の暗号

感想
言葉の意味は本来とは違うかもしれませんが、言葉から受けた印象をどうとるかだと思います。

印象に残った言葉として書きましたが、今の自分が読むと心に響かない(苦笑)

ただ、生きて行くうえで、仕事をして行くうえで、自分の芯になる言葉や信条を持っているのは
大事なことだと思います。

まだ、私はありませんが!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました