仙台駅のおみやげ処せんだいで「七ヶ浜 なみのおとぷりん」蜂蜜を入れると全く印象が変わる!

仙台駅のグルメ

今回は仙台駅2階にあるおみやげ処せんだいで気になる商品を物色。

その中で商品の入れ替えがあったのか見慣れない七ヶ浜ハーバースクエアの「七ヶ浜 なみのおとぷりん」の見た目が気に入って購入。

七ヶ浜 なみのおとぷりん 421円

原材料:乳製品、生乳、卵黄、全卵、蜂蜜、糖(三温糖)、バタフライピー、ビタミンC、香料、乳化剤、ph調整剤、(増粘多糖類)、エタノール、グリセリン、プロピレングリコール、カラメル、(一部に卵、乳成分を含む)

改めてみると失敗した!商品名の「なみのおと」というだけあって、綺麗な海の青と砂浜をイメージさせるプリンの対比が綺麗なのにそれを捉えられてない写真になってしまった。残りの写真も似たようなものです。

製造した七ヶ浜ハーバースクエアは東日本大震災後の2013年に設立された会社です。
震災の影響は甚大で漁業や養殖業へのダメージ。人口も震災前は2万人以上いた人口が8割近くにまで減ってしまったそうです。
元々七ヶ浜町で水揚げされる魚貝類は、ほとんどがそのまま市場に出荷され、地元の人でも食べることができない状態でした。そのため付加価値をつけることも難しかったそうです。
主力産業の復活は必須ですが、七ヶ浜ハーバースクエアは地元の品を加工してブランド化することによって七ヶ浜町の新たな雇用の創出などを目的に設立されました。

関連記事

「復興応援 キリン絆プロジェクト」、宮城県七ヶ浜町「株式会社 七ヶ浜ハーバースクエア」に支援金を助成
キリンビールマーケティング株式会社(社長 布施孝之)は、宮城県七ヶ浜町「株式会社 七ヶ浜ハーバースクエア」(代表取締役 安住政之)に対し、「七ヶ浜水産加工ブランド化創出プロジェクト」への支援金として総額2,500万円を日本財団(会長 笹川陽平)の協力のもと12月9日(火)に助成します。
『七ヶ浜贈呈式レポート 魚貝類と農作物のコラボで町のブランド化を目指す(1/3)』日本財団×キリン株式会社:復興応援キリン絆プロジェクト 水産業復興支援事業
日本財団では、キリンビール株式会社が拠出する約14億円の寄付金を受け、被災地の水産業復興支援に取り組んでいます。 東北における基幹産業である水産業の復興を1日でも早く実現させるため、「生産から食卓までの支援」をテーマに、生産者支援に加え、ブランド育成、販路拡大、人材育成の支援を行い、水産業さらに地域の復興モデル事業を生...

表面の青はジュースの中にゼリーが混ざっていて少し甘みがあります。
プリンは卵の風味があって美味しいが、ゼリージュースの方が味としては勝っています。ただ!味として強い主張はない。

ここに付属の蜂蜜を入れると全然違くなります!

最初の一口、二口目は蜂蜜の甘さとプリンの濃厚な風味、ゼリージュースの食感がそれぞれ主張してるように感じ、美味しかったです。
ただ、食べ進めると味に慣れてくるのか蜂蜜の甘い主張が強くなる。それをゼリージュースやプリンで中和して食べました。でも、疲れてる時にはこの甘さが良いかもしれない。

また、瓶詰で口が小さいので、店頭でもらえるスプーンで食べるのがおススメです。自宅に小さいスプーンがあるなら問題ないですが、そうじゃないとお皿に落とすとかしないと食べるのに苦労する(笑)

七ヶ浜ハーバースクエア様、ご馳走様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました