横山信治著書「仕事に幸せを感じる働き方」で印象に残った所を抜き出してみた。

印象に残った本

2010年12月18日初版

著者紹介
 横山 信治(よこやま・のぶはる) SBIモーゲージ(株)取締役執行役員常務。
 1982年、日本信販(株)(現三菱UFJニコス)に入社。営業成績全国最下位のダメ営業マンだったものの、本書で紹介する簡単な「コツ」をつかみ、全国NO.1へ。

 2001年5月に日本初のモーゲージバンク(証券化を資金調達手段とした住宅ローン貸出専門の金融機関)となるSBIモーゲージ(株)(当時はグッドローン)の設立に参加。
 SBIモーゲージは当初4人でスタート。現在、従業員200人、店舗数90、融資残高8,000億円に成長。「フラット35」の取扱高、全国NO.1。

 これまで3,000人以上の採用面接に立ち会うなかで、転職で成功すると言える人は10人もいなかったことから、安易な転職希望には厳しく接している。
 また、本書で詳しく紹介する、どんな仕事でも成功する人に共通する「考え方」を発見。それを広めるべく講演等を行っている。

 ライブドア事件でホワイトナイトとして登場した北尾吉孝氏(SBIホールディングス (株)代表取締役CEO)から高い評価を受けており、マスコミが報じない北尾氏の姿を知る数少ない人物。

 小学生の頃、落語家の笑福亭松鶴に入門し、最年少プロ落語家としてテレビ、ラジオなどに多数出演した経験もある。芸名は笑福亭手遊(おもちゃ)で、笑福亭鶴瓶氏の元兄弟子。

印象に残った所を抜き出してみた。

P4~5
 「仕事」は、お金のため、競争のためにするのではありません。
 「仕事」は「自分の人生を幸せなものにする」ためのものです。 

 今、「『仕事』がつまらない。転職したい」と考えている人に言いたい。

 「転職は絶対にするな!」と。

 なぜ転職をしてはいけないのか。
 それは「転職をしても、何も変わらない」からです。

 今、「仕事」を嫌々にやっている人に言いたい。

 「今すぐ、自分を変えよう!」

 なぜ、自分を変える必要があるのか。

 それは「人生を幸せに生きることができるようになる」からです。

 ~「仕事」で幸せになるためには、アクションが必要です。
 あなたに必要なアクション、それは自分の「考え方」を変えることです。

P19
 不満は自分以外のものに対して起こります。他者と比較したとき、自分が不遇だと思った時に発生するのです。
 でも、自分以外のことは、自分ではどうしようもないのです。
 「上司がわがままで、無能」といったところで、急に上司が思いやりのある人間になったり、能力がアップすることはありません。
 自分で解決できないことの不満を、100回、1000回言ったところで、何も変わりません。
 そんなことは、時間の無駄だと思いませんか。

P24
 不平・不満は感情的な部分が非常に多いのです。
 ~感情的な部分についてもう一度冷静に分析しよう
ということです。感情に任せた行動は失敗の可能性を高くします。

P26~27
 なぜ「不満」が起こるかを説明します。
 ここに1つのチームがあります。○○部でも○○課でもかまいません。5人のチーム。
 構成はA(あなた)、B(上司)、C(先輩)、D(同僚)、E(後輩)。このチームの全体のパフォーマンスを100とします。
 この100のパフォーマンスに対し、それぞれのメンバーに自分の貢献度を聞きます。匿名で聞いた(非公表を約束する)場合、5人の貢献度の合計は120~150ぐらいになり、チームの実力は20~50ほど多くなります。チームによっては200に達することもあり、メンバーの数を増やせば、実際との差はもっと大きくなります。
 この差が「不満」です。

P38~39
 ほとんどの人は夢や目標を掲げていても、その実現のために何もしていないのです。
 それなのに転職だけで夢や目標がかなえられるというのは、おかしな話ではないでしょうか。
 今日、何もせずに、違った明日を期待してはいけません。今日、何もしなければ、今日と同じ明日がやってきます。
 今、明確な夢や目標を持っていてもチャレンジしていないのならば、転職しても何も変わりません。

P47
 アイディアを生み出す人は、マイナス面を悲観しません。マイナス面をどうすればプラス面に変えられるかを考えます。

P74
 人間は他人から怒られると、最初に自己弁解します。次に怒った人のアラを探すのです。
 なぜそうなるのでしょうか。人は怒られると、人格を否定されていると考えるからです。

P77
 不平・不満や悪口を言い合っても、人間的に成長することはありません。ストレス解消に、たまには鬱憤を晴らすのは悪くないですが、クセにならないように注意しましょう。

P94
 一般のサラリーマンでも成功している人は、大半が好きな仕事をしていたのではなく、していた仕事を好きになったのです。

P105
 サラリーマンで仕事に1万時間費やしている人は、たくさんいます。成功していない人は1万時間に「負荷」「好き」を加えていないからです。

P123~124
 人に好かれる一番の方法は相手に興味を持つことです。
 ~人に興味を持つと、必然的に脳は前向きな思考になります。
そうすると顔の表情が明るくなる。好感の持てる顔つきになっていきます。

P137
 人間関係をよくする基本は

 ①自分のしてほしいことを、相手にしてあげる
 ②自分が嫌なことは、相手も嫌
 ③人が嫌がることを、率先してする

 この3つです。

P156
 「人のために何かをする」これは「For You」の精神です。人のために行動を起こし、何の見返りも期待しない。「あなたのために」という気持ちが
「For You」。
「For You」の精神で行動すると自然と味方が増え、どんどんよい方向に流れていく。「For You」の精神は逆境にも強いのです。

P205
 まず疑問に思ってください。何でもかまいません。今の仕事に関することで疑問を持ってください。毎日、当たり前のように遅くまで残業しているけれど、何か問題はないか考えるのです。そうすると、問題点や改善点がたくさん出てきます。

感想
 タイトルの「仕事に幸せを感じる働き方」とあるようにポジティブな考え方の内容です。
 現状に不満があっても安易な転職はするな、と。
 それよりも何が不満なのか分析して、そこからポジティブな解釈をしたり人間関係を良くするためには相手が喜ぶことを考えたりして、今のネガティブな考え方からポジティブな考え方に変えて行動も伴えば、現状は自ずと良い方向に向かっていくという考え方かな。

 仕事やこのブログにしろ相手が喜ぶことや達成感などを考えて取り組んだ方が内容も自然と良いものになっていくのかと思いました。

 でも、仕事の方では私は安易な逃げを選択したんですがね。今の会社を退職する。無職になる!
 仕事はどの職種も難しいが、給料が低い。退職理由は他にあるが、年収300万も難しいのはキツイ。
 稼ぎ口を増やして年収を300、400、450万と増やしていきたい。

 努力しかない!


 横山信治さん、良い本を執筆してくださり、ありがとうございます。
 この本に関わってくださった全ての皆様、ありがとうございます。
 皆様が健康で充実した生活を送れますように!

↓は試し読みもできるよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました