日本の難読地名と由来~群馬編~(前編)

日本の難読地名と由来シリーズ

群馬県の難読地名と由来

橳島(ぬでじま)

住所

群馬県前橋市橳島

【由来】※サイトによって多少違うのでどちらも掲載。

1.地元では豊城入彦命が東征した時、「ぬるでの木」で采配を振って指揮し大勝を得たので、「ぬるで」に「勝軍木」の文字を付けた。

それにちなんで、この土地を「勝軍木(ぬるで)島」と呼び、これを短くして「橳島」とした。

なお、「ぬで」は「白膠木(ヌルデ)」の略称。

2.橳島の由来 

むかし、武士同士がけんかした。負けたほうの武士がここへ逃げてきた。

そのころ、ここが島になっていた。

その武士の持っていた軍配の柄がぶっきられていた。

それで、山の中へ入ってヌ ルデという木をとって柄につけた。

そしたら、追っ手がやってきた。それでまたこの武士たちは戦った。

ヌルデの柄をつけた軍配で指揮して残ったら、今度は、はじめに負けた方の武士が勝った。

ヌルデの柄をつけた軍配で勝つことができた。

そこが島であったとい うので、そこの地名を、ヌルデとよんだ。

ところが、あとになって、いつのまにか、ヌデジマというようになったのだという。

ヌルデの木のおかげで戦さに勝ったので、橳という字とし、それをヌルデ(ヌデ) とよんだものという。

 ぬで島 – Wikipedia

「橳」の異体字に関する一考察 参照

女屋(おなや)

住所

群馬県前橋市女屋町

【由来】※諸説あり。

1.前九年の役の帰路、源義家八幡太郎義家)の軍勢がこの地にしばし留まった。兵士たちを目当てに女二人が酒屋を開いてたいそう賑わった。

女酒屋を女屋と呼ぶようになり、地名にもなったという。

2.上杉氏の末孫の本間某の娘二人が、この付近で女酒屋を開き、その名は近郷近在まで広まった。

前橋市の坂-2: 坂道散歩

檜物町(ひものちょう)

住所

群馬県高崎市檜物町

【由来】「檜物」とは、檜(ひのき)や松などから薄く削り取ったものを曲げて作る「曲げ物」のことで、当時、食器や勝手用品としてかかせないものでした。

町名は檜物師という、「檜物」を作る職人が多く住んでいたことから命名された。

たかさきの中心市街地

間野谷(あいのや)

住所

群馬県伊勢崎市間野谷町

【由来】北と南にそれぞれ部落があり、この北と南の野の出合う所の谷という意味が由来。

マーチィ’s ROOM – 群馬県 参照

八斗島(やったじま)

住所

群馬県伊勢崎市八斗島町

【由来】境野八斗兵衛宗澄が稗島と呼ばれた所を開拓し、当時の領主に謙譲したところ、稗島は村に格上げとなり、開拓した里長である八斗兵衛宗澄の顕彰の意を含めて八斗島と名づけられた。

【詳細】(境野家由来之碑)

桓武天皇の子の平城天皇の子孫の大江音人の子孫の
大江朝臣廣元の後裔の大江主水正吉澄が境野と始称し、
境野家の元祖となりました。

その子で、那波城主小姓組頭の境野隼人宗廣の末子
境野八斗兵衛宗澄は、仕えていた那波城主が
天正十八年の「奥州九戸の戦い」(注1)で討ち死にしたため帰農しました。

境野八斗兵衛は利根川と烏川の合流点に近い中州草原地で
稗島と呼ばれた所を開拓し、新しく領主となった酒井雅楽頭忠清(注2)に慶長六年に差し出したところ、

稗島は村に格上げとなり、開拓した里長である
八斗兵衛宗澄の顕彰の意を含めて八斗島と名づけられました。
これは今から400年前のことである。

八斗兵衛は五十嵐無兵衛と共に五社稲荷神社を祀ったところ、衆人が集まり現在の八斗島町となりました。

八斗兵衛の次男庄治吉隆は、九戸の戦いで滅んだ那波城主一族を弔うため出家し、伊勢崎の同聚院住職となり、

その後、福井県大本山永平寺三十二世(三十三世)大和尚
(勅特賜覚海智圓禅師山陰徹翁大和尚)となり、
元禄十三年に八十二歳で卒しました。

山陰徹翁大和尚は、寛永・元禄の年代に
徳川光圀に請われ、参禅の師に応じました。

 (注1)

九戸政実の乱」は、天正18年ではなく、天正19(1591)年に、南部氏の親族にして家臣団の1人であった九戸政実が、豊臣秀吉による「奥州仕置」に反旗を翻し、
本拠地の九戸城(岩手県二戸市)に篭城を敢行したようです。 

 (注2)
酒井家と那波藩について調べたところ、九戸の乱(1591)で討ち死にした那波氏のあとにできた那波藩の初代藩主は松平家乗ですが、家乗は慶長6年(1601)に美濃国岩村藩に加増移封となりました。
その後慶長6年(1602)に新しく那波城主となったのは武蔵国川越藩から来た酒井忠世です。

忠清が雅楽頭(うたのかみ)の職についたのは慶長12年(1607)であり、忠清が那波城主を継いだのは寛永14年(1637)年なので、八斗兵衛さんが開拓地を差し出した当時の藩主は、忠清ではなく、おそらく酒井忠世だと思われます。

八斗島の八斗兵衛さん – 伊勢崎市議会議員 多田稔(ただ みのる)の明日へのブログ

本動堂(もとゆるぎどう)

住所

群馬県藤岡市本動堂

【由来】仁治元年(1240年)夏4月、武蔵国の住人、津戸三郎為守が木曽の郷戸の駅に泊まり、その夜不思議な夢を見た。

手につぼみのハスを持ち、身には陣羽織をまとい、足にはかぶとをはいた、姿のかわった聖者が、為守に向かって、「おまえ、あすになったならば、われを東路に連れて参れ。縁のある地に行けば、必ず重くなるであろう」と申された。

目が覚めてから、不思議なことに思って、近くのきこりに夢の話をしたところ、きこりは、「和語坂の観音様は巴御膳の守本尊でございまして、夢に現われたとおりでございます」と答えた。

為守は、霊夢のとおりであるので、さっそく尊像を背負い東国に向かって下ったのである。

どこが縁ある土地であろうかと鎌倉街道に下り、上野国緑埜郡鮭塚(社家塚)の原まで来たところ、尊像は大きな岩のように重くなった。


そこで、鮭塚に寺を建て尊像を安置した。

これが本動堂(もとゆるぎどう)の始まりである。

為守はずっと以前建久6年(1195年)3月22日に法然上人の法弟となって、尊願法師といっていたのである。

この聖観音は霊験があらたかであって、例話は非常に多い。ある年、春から秋になるまで日照りが続いて、田畑はほとんど枯れ野のようになってしまった。

近郷の農夫たちは、いたたまれなくなって、お堂をとり巻いて皆一心に「雨を降らしめたまえ」と尊像に祈ったのである。真心はついに仏に通じた。

ぐらぐらとお堂は揺れ、その音は鏑矢(かぶらや)を射るようであり、まさに「甘露の法雨」である。このために飢えにも、渇(かわ)きにも苦しむことはなかった。

このことがあってから、当時の人々は、「動堂本尊」と呼び、この土地を動堂村(ゆるぎどうむら)というようになったのである。

それから数代を経過して、紫衣を賜った高僧幡隋上人が通行され、観音の霊験や尊願法師の旧跡をしのび、何日間もありがたいお経の講話をされ、近郷近在の男も女も喜んで拝聴するのであった。

草木もなびくと、たとえられようか。このころ、藤岡の城主は芦田修理太夫幸正であり、上人に深く帰依しておった。

天正19年(1591年)に当初あった場所から南方に2.5㎞離れた、藤岡に寺地や黄金を寄付して、尊像もお堂もすっかり移したのである。

これが現在(古桜町)の藤岡山尊願院一行寺である。そして寺の東西の通りを動堂通りと称し、初めに尊像を安置した動堂村に「もと」をつけて、本動堂(もとゆるぎどう)と呼ぶようになった。

本動堂の縁起 ( 群馬県 ) – 南八幡の案内人 – Yahoo!ブログ

神流(かんな)

住所

群馬県多野郡神流町

【由来】町を流れる神流川に由来する。

神流川の由来については諸説ある。

1. 神(カム)の川が神名に転じたことに由来している。

感納川、甘奈とも綴られ、古くはカミノ川といわれた。というのは、武蔵20余郡の北の果て、「上」の国から流れる川の意と言われている。

2.髪長川(廻国雑記)・賀美野川(川越記)などとも書く。川名の由来は、カンナ=鉄穴(かんな)の意で、砂鉄の採集地に与えられた名であるという。

また、伝承によると、日本武尊が上流で弟橘姫の遺髪を流したので、髪流川と呼ばれるようになったという。

3.原始的製鉄法による鉄穴(カンナ)で砂鉄と木炭とを交互に粘土製の炉に入れて焙焼する法。「かんな」川の流域は製炭用の原木に満ちているので、この名があるのであろう。

4.神流川は緑野郡(群馬県にあった郡)賀茂郷の奥より流れ出るため、カモノカワ、カムノカワ、カンナと転訛した可能性。

日本の川 – 関東 – 神流川 – 国土交通省水管理・国土保全局

神流川周辺の「神」地名-2 | おぢさんの覚え書き – 楽天ブログ

神流川周辺の「神」地名-3 | おぢさんの覚え書き – 楽天ブログ

感想

今回も前後編に分けて紹介していきます。

「難読地名と由来シリーズ」において、北海道を挟んだからでしょうか、「神流」の由来の一つに神(カム)が出て来て、アイヌ語が関係してるのかと思ってしまいます。

少し調べると、神を「カム」読みするのはアイヌ人だけでなく、縄文時代に歯と歯をあわせる「カム」が神の語源になったのではないかと考える方も居ます。

こういうのを知ると神「カム」の言語はどこで生まれ、どうやって広がっていったのか知りたくなりますが、今は「難読地名と由来シリーズ」を完結するのが目標なので、書くとしても今ではないな(笑)

次回もお付き合いし下さると嬉しいです。

神「カミ」の語源は噛む「カム」か? | 佐々木歯科

後編

http://kasibaka.miyagi.jp/2020/03/07/日本の難読地名と由来%ef%bd%9e群馬編%ef%bd%9e%ef%bc%88後編%ef%bc%89/

コメント

タイトルとURLをコピーしました