日本の難読地名と由来~北海道編~(後編)

日本の難読地名と由来シリーズ

ラストとなる日本の難読地名と由来シリーズ~北海道編~後編です!

長かった、本当に長かった・・・・・・

その長かった北海道編もこれで終わりです!

過去編 

http://kasibaka.miyagi.jp/2020/03/07/日本の難読地名と由来%ef%bd%9e北海道編%ef%bd%9e前編/ 

http://kasibaka.miyagi.jp/2020/03/07/日本の難読地名と由来%ef%bd%9e北海道編%ef%bd%9e%ef%bc%88中編1%ef%bc%89/ 

http://kasibaka.miyagi.jp/2020/03/07/日本の難読地名と由来%ef%bd%9e北海道編%ef%bd%9e%ef%bc%88中編2%ef%bc%89/

北海道の難読地名と由来

 弟子屈(てしかが)

住所

北海道川上郡弟子屈町

【由来】※アイヌ語とされるが、諸説あり。

1、アイヌ語の「テシカ(岩盤)」+「ガ(上)」(岩磐の上)の説。

現在の共同浴場付近の岩磐の所の辺り。

かつては釧路川がその岸を洗っていたが、非常に磐の多い急流だったが、同時に魚のたまり場のようなところでもあったので、アイヌの人達は何とかこの魚を獲りたいと網をかけようとしましたが磐が多く、遂に杭を打ちこむことが出来なかったそうです。

そこでアイヌの人達はせっかくたくさんいる魚をとる仕掛けもできない岩磐の上だと嘆いたことから「テシカガ」と呼ばれるようになったそうです。

2.アイヌ語の「テシカ(鮭をとる梁)」+「カ(罠)」の説。

3.アイヌ語の「テシカガ(岩が川を横断しているところ)」の説。

弟子屈町の概要|まちづくり情報|北海道弟子屈町

弟子屈町 – Wikipedia

弟子屈[町](てしかが)とは – コトバンク

「弟子屈」の地名の由来

標津(しべつ)

住所

北海道標津郡標津町

【由来】※アイヌ語とされるが、諸説あり。

1.アイヌ語の「シペッ」あるいは「シ・ベツ」(大川・親川・本流)に由来。

2.アイヌ語の「シベヲツ」(サケがいる)に由来。

標津町 – Wikipedia

標津

紗那(しゃな)

住所

北海道紗那郡紗那村

【由来】アイヌ語の「サン・ナイ」(下る・沢)あるいは(流れ下る川)に由来。

紗那村 – Wikipedia

紗那

蘂取(しべとろ)

住所

北海道蘂取郡蘂取村

【由来】アイヌ語のシ・ペッ・オロ(大きい川のところ)に由来。

蘂取村 – Wikipedia

蘂取村 ‐ 通信用語の基礎知識 

番外編

白人(ちろっと)

住所

北海道中川郡幕別町札内青葉町にある白人公園

※白人は現在地名としては使用されていない。

白人公園 [北海道中川郡幕別町札内青葉町/公園]の詳細情報 – Yahoo!ロコ

【由来】アイヌ語の「チル・オッ・トー」(鳥が多くいる沼)に由来。

幕別町には「白人」という地名がある! 簡単には読めない難読地名だった – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]

取材班が選んだ珍地名(3)白人小学校&天使突抜 | ニッポン旅マガジン

 美羽烏(びばかるうし・びばがらす・びばからす・) 

※読みは3種類ある。

住所

北海道上川郡剣淵町東町

※バス停は出るが、住所は分からず。

美羽烏バス停(北海道上川郡剣淵町)地図/周辺バス停/最寄り駅|バス停検索

【由来】アイヌ語の「ピパカルウシ」(貝殻をいつもとる所)に由来。

美羽烏(びばからす):難読地名 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]

美羽烏神社(剣淵町東町)|あおい

染退(しびちゃり・しべちゃり)

住所

※現在は日高管内新ひだか町

明治時代以降は地名としては使用されていない。

【由来】※アイヌ語とされるが、諸説あり。

1.「シンプイチャロ」(湧き水の出口)の説。

2.「シペッチャリ」あるいは「シベツ・チャリ」など(大川・散らばる)あるいは(本流が散らばる)の説。

3.「シベイチャニ」あるいは「シベイチャン」(鮭の産卵所《ほり》)の説。

4.「シブチャリベツ」(鮭の・晒《産卵後の白くなる形》)の説。

5.「シビチャリ」(葭《あし》の草原)の説。

染退(しびちゃり・しべちゃり):難読地名 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]

アイヌ語地名の傾向と対策 (14) 「美深・仁宇布・フーレップ川・志美宇丹」 – Bojan International

静内川 – Wikipedia

アイヌ語地名の傾向と対策 (340) 「静内・元静内」 – Bojan International

生花苗(おいかまない)

住所※沼のため、住所表記は見つからず。

北海道広尾郡大樹町晩成

【由来】

アイヌ語の「オイカ・オマ・イ」(波が越えて入る)に由来。

生花苗沼の由来も表記する。

アイヌ語の「オイカ・オマ・イ・トウ」(越える・入る・ところ・沼)に由来。

生花苗沼 – Wikipedia

生花苗(おいかまない):難読地名 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]

別寒辺牛(べかんべうし)

住所

北海道厚岸郡厚岸町別寒辺牛

【由来】※アイヌ語とされるが、確たる由来は不明。

1.アイヌ語の「ベカンベウシ」(ヒシの実のたくさんあるところ)に由来。

ただし、昔のアイヌの記録でも、厚岸にたくさんのヒシの実があったという話は確認されていない。

2.語源が1と同様かは不明確だが、意味に(水上交通の要所)と言う話もある。

だが、それ以上のことは調べた限り見つからなかった。

厚岸湖・別寒辺牛湿原

色丹(しこたん)

住所

北海道色丹郡色丹村

【由来】※古くは「斜古丹」「支古丹」とも表記された。

  ※色丹島色丹村では由来が違うので両方掲載。

1.色丹島の場合

アイヌ語の「シ・コタン(大きな村)」に由来。

2.色丹村の場合

アイヌ語の「サクイベ・コタン」(夏ノ・場所、極マル・所)に由来。

色丹島 – Wikipedia

色丹村 – Wikipedia

来運(らいうん)

住所

北海道斜里郡斜里町来運

【由来】アイヌ語「ライ・クル・ナイ」

(死ぬ・人の・沢)「死者の沢」に由来。

川の流れが極めて遅いためそう呼んだとされる。

来運の水 | 北海道Style

アイヌ語地名の傾向と対策 (236) 「ニクル沼・涛釣沼・来運」 – Bojan International

来運神社/北海道斜里町(Raiun Jinja,Syari Hokkaido Japan) – 北海道の神社と狛犬

芭露(ばろう)

住所

北海道紋別郡湧別町芭露

【由来】現在の芭露川の河口が大きいことから、アイヌ語で「パル」(口)あるいは「パロ」(その口)に由来。

芭露駅 – Wikipedia

第1章 古代の湧別地方

 送毛(おくりげ)

住所

北海道石狩市浜益区送毛

【由来】※アイヌ語とされるが、諸説あり。

1.アイヌ語の「ウクルキナヘ」(アイヌ民族の食用植物)に由来。

※調べると「ウクルキナ」「ウクリキナ」があり、タチギボウシユリ科)のことを言うことまでは分かったが「ヘ」がないため、別の可能性あり。

2.アイヌ語の「ウクルキ」(湿地に生えるサジオモダカ)の説。

3.アイヌ語でオクリキナ(オクリキナという草があった)の説。

※調べると「オオバギボウシ」(ユリ科)がオクリキナと思われる。

北海道の地名集

 毘砂別送毛線(送毛山道)(びしゃべつおくりげせん(おくりげさんどう))[北海道]の口コミ・アクセス情報・地図 | 日産ドライブナビ

石狩市難読地名クイズ!「濃昼」、さて何と読む? | 北海道Likers

アイヌ語の花と植物の名前: アイヌ語の花と動物の名前

 奥潭(おこたん・おくたん)

※読みは2種類ある。

住所

北海道千歳市奥潭

【由来】※オコタンペ湖の由来。

アイヌ語の「オ・コタン・ウン・ペ」(川下に村がある)に由来。

この湖を水源とするオコタンペ川が支笏湖に注ぐ地点には温泉があり、かつてはアイヌがアメマス漁や入浴のために小さな村を営んでいた。

オコタンペ湖 – Wikipedia

支寒内(しさむない・ししゃもない)

※読みは2種類ある。

住所

北海道千歳市支寒内

【由来】※参考サイトの管理人様の解釈です。

「支寒」は、「隣人」(和人)を意味する si-sam だと見て間違い無いでしょう。

となると si-sam-nay か、あるいは si-sam-o-nay のどちらか、となります。

si-sam-nay の「和人・沢」というのは、ありえない形ではないと思いますが、ちょっと唐突な感じがします。

一方、si-sam-o-nay で「和人・が(複数)いる・沢」と解釈するのは極めて自然です。

この手の oma(単数)だったり o(複数)は略されることも多かったようですが、無くてもそれなりに意味が通じますからね。

※本文では「沢」に触れてなかったので、補足的なのを。「隣人」(和人)を意味する si-sam 、 oは(複数)、nay(沢)の解釈と思われる。

アイヌ語地名の傾向と対策 (31) 「支寒内・風不死岳・モラップ」 – Bojan International

母恋(ぼこい)

住所

北海道室蘭市母恋南町

【由来】※アイヌ語とされるが、諸説あり。

1.アイヌ語の「ポクセイ・オ・イ」(ホッキ貝のたくさんあるところ)の説。

2.アイヌ語の「ポクオイ(pok-o-i)」(陰になる所)の説。

この場合、当地全体が沢であったため付けられたとする。

母恋駅/室蘭市 | たびらい

 知内(しりうち)

住所

北海道上磯郡知内町

【由来】アイヌ語の「チリ・オチ」(鳥いるところ)に由来。

知内は鷹の産地として有名で、松前藩徳川将軍家に鷹狩り用に献上する15羽の鷹のうち、半数以上は知内で捕獲したものと言われている。

町名の由来|北海道知内町

知内町 – Wikipedia

尾白内(おしろない)

住所

北海道茅部郡森町尾白内町

【由来】※アイヌ語とされるが、諸説あり。

1.。アイヌ語の「オシラリウンナイ」(潮の入り込む沢)の説。

2.アイヌ語の「オシラルウンナイ」(川口に岩礁のある川)の説。

※現在はこちらの説が主流。

アイヌ語地名の傾向と対策 (56) 「尾白内・砂原・鹿部・川汲」 – Bojan International

尾白内駅 – Wikipedia 

歌内(うたない)

住所

北海道中川郡中川町歌内

【由来】元は「宇戸内(うとない)」であり、語源はアイヌ語とされるが、諸説あり。

1.「ウッナイ」(肋骨・川)の説。

これは本流の両岸から小さい支流が流れ込む様を、背骨とあばら骨にたとえた地名とされる。

2.「ウッ・ナイ」(細いわき川)の説。

歌内駅 – Wikipedia

Utanai Station – 歌内駅 – 北海道中川郡中川町 – Ekinavi

 阿寒(あかん)

住所

 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉 

【由来】※アイヌ語とされるが、諸説あり。

1.アカム( 車輪)とする説。

「アカン山雄山雌山車の両輪の如く並び聳えるが故号るよし也」から。

2.ラカンプト(うぐいの産卵場の川口)の説。

3.アカン・ウン・ピンネヌプリ(不動・の・男山)の説。

地震の時雄阿寒岳が動かなかったことに由来し、アカンのみ残った。

4.「雄阿寒岳」「雌阿寒岳」に名付けられた、アイヌ語の「アカン」(不動)の説。

※3と同様だが、釧路市の「旧阿寒町の概要」では「雄阿寒岳」「雌阿寒岳」の両方を指した、この説を採用している。

阿寒町 – Wikipedia

旧阿寒町の概要|北海道釧路市ホームページ

アイヌ語地名の傾向と対策 (280) 「阿寒」 – Bojan International

舌辛(したから)

住所

北海道釧路市阿寒町舌辛

【由来】※アイヌ語とされるが、諸説あり。

1.「シタ・カラ」(犬の子を産みたる処)の説。

2.「シタ・コロ・ベ」(犬を産みたる処)の説。

3.「シタツ・カラ・ナイ」(鬼かんば(ダケカンバ)を採る川)あるいは「シタッ・カラ」(ダケカンバを取るところ)の説。

※ダケカンバ(岳樺)はカバノキ科カバノキ属の落葉広葉樹。別名はソウシカンバ等。

舌辛川 – Wikipedia

阿寒町のアイヌ語地名を巡る旅

 重内(おもない)

 住所

北海道上磯郡知内町重内

【由来】アイヌ語の「オム・ナイ」あるいは「オ・ム・ナイ」(川尻がふさがる川)に由来。

 昔は泥炭地であったため。

町名の由来|北海道知内町

文庫歌(ぶんがた)

住所※バス停しか見つからず。

北海道小樽市塩谷にある塩谷文庫歌

「塩谷文庫歌」の時刻表/バス乗換案内/路線図/地図 – NAVITIME

【由来】アイヌ語の「プンカルオタ」あるいは「ブンカル・オタ」(蔓《かずら》の絡まる砂浜)に由来。

文庫歌(ぶんがた):難読地名 – 北海道ファンマガジン [ファンマガ]

小樽駅から余市方面に行くバス停で塩谷文庫歌と言うバス停があるのですけ… – Yahoo!知恵袋

上ノ国(かみのくに)

住所

北海道檜山郡上ノ国町

【由来】15世紀ころ、北海道(夷島《えぞがしま》)南部の日本海側は、上ノ国(かみのくに)、太平洋側は下の国(しものくに)と称されていた。
勝山館を擁し、日本海・北方交易の拠点として栄えたこの地に上ノ国の名前が残ったことに由来する。

※勝山舘(かつやまだて)は松前藩の藩主の一族松前氏(蠣崎(かきざき)氏)の祖の武田(蠣崎)信廣が築城したといわれる。

上ノ国町の概要 | 北海道上ノ国町

上ノ国町 – Wikipedia

感想

今回のでは難読とは違うんじゃないかと思うのが、今までのよりは入ってたかと思います。

それらは当初の「カッコイイ・珍しい地名」の名残です。

せっかく載せてたので、由来が分かるのは残すことにしました。

冒頭でも触れましたが、長かったです。

北海道編だけで2週間近く掛かりました。

改めて私自身のスピードの遅さ・スペックの低さを感じました。(自虐的だなぁ~)

でも、楽しかったです。

ダラダラ自堕落に過ごすより、書き切るんだ!と言う目標に向かって頑張ることが出来ました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました