仙台駅にある越後秘蔵麺 無尽蔵のらーめんは麺に柿渋が練り込まれている特徴を持った一品だった

仙台駅のグルメ

今回は仙台駅1階にある越後秘蔵麺 無尽蔵を紹介します。
越後秘蔵麺 無尽蔵は以前紹介した「中嘉屋食堂麺飯甜」の向かいにあるお店です。


外観

調べると新潟の会社キタカタが運営していて全国にFC展開しています。仙台駅には2003年にはオープンしてたみたいですが、2019年にリニューアルオープンするまで気付かなかった・・・・。
懐が寂しくて外食する余裕がなかったからアンテナを張ってなかったんだろうね(笑)

ここが気になったのはラーメンが好きなのもありますが、麺にポリフェノールが多く含まれる柿渋を練り込んでる点に興味を惹かれたからです。

メニューは色々あって悩みましたが、大きく掲示されている野菜味噌らーめんを今回は食べることにしました。


事前に券売機で購入しらーめんが出てくるまで、「自信麺」を一読したりして暇をつぶす。


10分もしないうちに出てきました。
野菜味噌らーめん 880円

最初の印象は香りが何とも言えない特徴を持っている点です。
この香りが正直第一印象としては苦手と感じました。
香りを表現するのは私には難しいです。バターのような乳ぽい香りもするが、複数の特徴的な香りもします。
公式サイトでは甘味のある「北海道味噌」とコクのある「長期熟成八丁味噌」をブレンドしてるそうですが、これだけであの特徴的な香りを生み出してるんだろうか?

香りは苦手ですが、まず食べてみよう。

あっつ!あっつい!!

素晴らしいことに熱々だから食べることに苦闘する。
だが、ここで嬉しいのは野菜が基本一口サイズに切られていて食べやすい!
豚肉はトロトロ。
越後秘蔵麺 無尽蔵の自信の麺は間違いなく長所!
無尽蔵では「ツルツル・シコシコ」とのことだが、私的には「モチモチ・ツルツル」の表現の方がしっくりくる。
弾力がモチモチしてて、吸うとツルツル口の中に入っていく。
「自信麺」というだけのことはある。

スープの方ですが、大きなインパクトはありません。
やはり印象に残るのは香りと麺の食感。
香りは私は食べているうちに慣れてきましたが、人によってはダメかもしれない。

空腹時に食べましたが、餃子などを頼まなくても十分お腹が満たされました。
次に食べる時はつけめんの魚介豚骨が食べてみたい!

越後秘蔵麺 無尽蔵様、ご馳走様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました